読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳共働きママののほほ~んマタニティ&育児日記

~妊活を乗り越えて、ついにママになりました!!~

出産日記 ~ベビー誕生からLDR退室まで~

出産日記 ~ベビー誕生からLDR退室まで~

ベビちゃんが産まれた直後、「おぎゃー!!」という元気な産声がきこえてきました。
その後、体をきれいに拭いてもらったベビちゃんを、へその緒がついたまま抱っこさせてくれました。
抱っこというより、分娩台に横になっている私の胸の上にベビちゃんを置いてくれるという感じかな。
ベビちゃんの軽いけど確実にここにいるという重みが無性にうれしかった。
ついさっきまでお腹の中にいたベビちゃんが、今はここにいるということがとても不思議な感じがした。
そして、クリニックの出産プランである、親子3人での初めての記念撮影をしました。

 

次に、へその緒を切ることに。
バースプランの希望通りに夫にへその緒を切ってもらいました。
夫が言うには、ゴムを切るような感触だったそうです。


ここで、ベビちゃんは体重や身長などの測定と診察のために隣の部屋へ移動。
その様子は撮影されていて、分娩台に横になりながらみることができました。
手足をバタバタと動かしたり、泣いたりしている姿が愛おしかった。

 

この間、私の方はというと、胎盤を出して、『さい帯血採取』
母親学級でさい帯血について学び、採取するかどうかずっと迷っていましたが、採取できるのは出産の時しかないのと、何かあった時に後悔したくないという思いで、採取の依頼をしました。
依頼書を提出したのは、出産予定日の2週間前。予定日より早い出産だったので、依頼書を提出した4日後に出産となりました。
間に合ってよかったですが、もっと早くから話し合って決めるべきでしたね。

そして、バースプランで希望していた胎盤を見せてもらいました。
両手いっぱいぐらいの大きさ。この胎盤がベビちゃんを育ててくれていたんだね。
役目を終えた胎盤は廃棄されるそうです。おつかれさま&ありがとう。

 

この頃にはベビちゃんの測定と診察が終わって私のところに戻ってきました。
次は『カンガルーケア』です。
以外と長い間、30分くらい?カンガルーケアをさせてもらいました。
ベビちゃんの温かさが伝わってきて、うれしかった。

ここで、夫もベビちゃんを初めて抱っこ。満面の笑みの夫に思わず私もにっこりです。

この後、初めておっぱいを吸わせました。これがベビちゃんにとっても、ママにとってもすごくよいことなんだそうです。

 

そして、ベビちゃんと一緒に出産後2時間の安静。
この間に昼食とおやつが出ました。
朝食を食べただけで空腹のはずですが、まったく食欲はありませんでした。
フルーツとおやつのケーキのみ食べて、あとは夫に食べてもらいました。
夫も病院到着からずっと付きっきりだったので、朝食から何も食べていませんでしたから。

 f:id:smile-happy-family:20170518171436j:image

f:id:smile-happy-family:20170518171438j:image

 

安静時間が終わり、今夜はベビちゃんはナースステーションで預かりのため、ここでバイバイ。

私は、車椅子で病室へ移動となるのですが、力が入らなくて……。
まず、ベットから起き上がるのにお腹に力が入らずにやっとの思いで起き上がり、ベッドサイドに座る。そこから立ち上がって車椅子に座りなおすのだが、これまた一苦労。


こんな簡単なことがこんなに大変だとは、恐るべし出産!!

 

母の日 家族3人手料理でお祝い

先日は母の日でしたね。

我が家では、私がママになって初めての母の日ということで、夫がちょっとしたお祝いをしてくれました。

『新米ママ おつかれさま&ありがとう』

という気持ちを込めて。

 

家族3人で過ごす大切な時間。

 

妊娠中からずっと我慢していたローストビーフと生ハムをふんだんに使った料理です。

 

f:id:smile-happy-family:20170516225824j:image

きゅうり、にんじん、だいこん、ローストビーフをくるくるっと巻いてお花に早変わり!!

お皿に水菜を敷いて、その上に飾るだけ。

お祝いっぽいでしょ?

 

f:id:smile-happy-family:20170516225833j:image

私の大好物のトマトとモッチァレラチーズにオリーブオイル&バジルソルトをかけたもの。

クラッカーにクリームチーズと生ハムをのせたもの。

チーズは好きだけど、乳腺炎になるといけないから、私は少しだけ。

ぶり、なす、トマトのカレー炒め。イタリアンっぽい感じ。夫が作ってくれたので、作り方は分かりません。

そして、アップルケーキとりんご。

りんご、かぶっちゃいました……。

夫は赤ワインを堪能。

 

どの料理も美味しくいただきました。

 

家族3人、楽しく過ごす幸せな時間。

こうした日常が一番幸せだなって感じます。

 

ママは家族の為に、今日も明日も元気に頑張ります!!

 

出産日記 ~分娩開始からベビー誕生までの経過~

 

 出産日記 ~分娩開始からベビー誕生までの経過~

前回(出産日記 ~陣痛は突然やってきた!!)の続きです。

smile-happy-family.hatenablog.com

 

陣痛タクシーに乗車し、クリニックに到着。最初の陣痛開始から3時間後のことです。
外来受付し、即座に血圧・体重測定と尿検査。
普段は血圧100/60前後なのに、今日は147!?

検査を終わらせ、待合で待っているとすぐに呼ばれました。
陣痛の波がおさまっていたから、元気よく笑顔で対応すると、看護師さんはびっくり顔!!
クリニックに着いて安心して、痛みが和らいだのかもしれませんね。
内診は後回しになり、先にNST検査をすることになりました。

 

30分間のNST検査。その間にも陣痛の波がやって来る。
「うぅ~!!」
声は出さずに、ぐっと我慢する。グラフをみると5分間隔ぐらいのような……。
3日前の妊婦健診の時と違って、30分がすごく長く感じた。
さらに15分追加された後、助産師さんがやってきた。

「もう分娩が始まっているから、このまま入院します」

 

この時、クリニック到着から1時間が経過していました。
夫のいる待合に戻り、このまま入院になることを告げた。

血圧・体重測定と尿検査の為に中に入ったまま出てこない私に、夫は何が起こっているのかと心配でたまらなかったらしい。

 

案内され、外来からそのまま分娩室(LDR)へ歩いて移動。
ナースステーションに産まれたばかりのベイビーがいて、ふっと和んだのを覚えています。

LDRに入室し、用意されたパジャマ、産褥パンツに着替え、パッドを装着し分娩台に移動。
担当の助産師さんが来て、内診すると、「子宮口が8cmまで開いていて、破水もしていますよ」と告げられた。
「え!?もう8cm!!破水もしているの!?」
びっくり!!着替えた時に生理用ナプキンがパンパンになっていたのは、破水してたってことか!?
NST検査中に破水したっぽい。全然分からなかった。

破水したため、抗生剤の点滴が開始された。
そして、周りでは助産師さんが準備を進めていく。
子宮口が10cmに開くまで、いきむことができないため、ぐっと我慢。
これが辛かった。

分娩室に入室してから約1時間、そのまま分娩は順調に進み、子宮口は10cmに開大。
助産師さんから「あと1~2時間で出産になりそうと」。
ようやくいきんでOKの指示が出た。


私は陣痛開始から子宮口開大まで(分娩第1期)がすごく順調にすすんで、5時間かからなかったが、初産婦さんは通常10~12時間。
この時間が長ければ長いほど、大変なことだと思った。

そして、分娩第2期へ突入。

助産師さんの指示通りに呼吸をしていきむ!!これを何度も繰り返す。
ちょっとずつちょっとずつ、ベイビーが降りてくる。

ベイビーの頭が表れ始め、頭を触れさしてもらった。
この瞬間、ふっと痛みが和らいで、思わず笑顔になりました。

「私が苦しいときは、ベイビーも苦しいとき。
ベイビーが頑張ってるから、私も頑張らなきゃ。
頑張れ!!頑張れ!!」

って言い聞かせてました。

 

陣痛の波が来た時に、肛門の辺りをテニスボールで押す。助産師さんに代わって夫が担当してくれました。これが、非常に痛みが和らいでありがたかった。
もともと腰痛ヘルニアもちの私は、腰が痛くて痛くて。
助産師さんが横向きにさせてくれたり、夫が腰をさすって支えてくれていました。
夫は慣れない姿勢で必死だったからか、腕がパンパンになっていたそうです。

 

頭を出す時、呼吸法が変更になり、いきまないようにと。
「ハッ、ハッ、ハッ」と息をはく、そして深呼吸。
この時が一番痛みが強く、いきむのを我慢しないといけなくて、一番辛かった。
そして15分後、ベイビー誕生!!

 f:id:smile-happy-family:20170423181046j:plain

産まれた瞬間、痛みは一気に消失。
何とも言い表されない感情がどっと押し寄せてきて、涙が溢れていました。
夫も泣いていました。
そして、私も夫も笑顔いっぱいになっていました。

 

私達夫婦のもとに産まれてきてくれて、本当に本当にありがとう。

出産日記 〜陣痛は突然やってきた!!〜

ご無沙汰しております。
出産後1ヶ月が過ぎ、夜中の授乳のリズムも整ってきた今日この頃ですが、相変わらずドタバタな毎日を過ごしています。
特別何もしていないのに、1日が過ぎるのが早い!!
そんなママの気も知らず、ベビちゃんはすくすくと育っています💛
そろそろブログを書く時間を作れるようにしていきたいものです。

 

出産日記 〜陣痛は突然やってきた!!〜

妊娠38週3日目。
出産はまだまだ先かなという感じ。
いつも通りの1日を過ごし、夕飯は夫が飲みたいというので、ちょっと贅沢にしゃぶしゃぶを堪能。お肉をくるくるっと巻いて、オシャレにしてみました(^^)

f:id:smile-happy-family:20170418204553j:image
翌日は夫婦で参加する講習会です。
「これなら明日出席できるね~」と話し、いつも通り就寝しました。

 

翌朝の7:00
生理痛のような、下痢のような、お腹の痛みというよりは違和感で目が覚めました。
トイレに行くと、トイレットペーパーにごく少量の血の塊。
「ん!?おしるしかな?」
「いよいよ数日以内に陣痛がきて出産になるのかな。心の準備しなきゃなぁ」
と思いながら、ベッドに戻りました。

その15分後。再び腹痛。
もう一度トイレへ。今度は出血というよりピンク色。
「やっぱりおしるしかな?トイレットペーパーにすっと筋がつく感じだと教えてもらっているし」
そう思い、再びベッドへ戻りました。

さらに15分後。再び腹痛。
「ん!?何かおかしいぞ??もしかして陣痛?」
さすがにすっかり目が覚めたので、起きていつも通り洗濯機をまわし、朝食作り。
この時、何となく講習会に行かない方がいいなという予感がしました。
夫には「ちょっと調子が悪いから、私は講習会には行かない方がいいと思う」と伝え、夫だけ行くことにしました。

そうこうしている間に10分〜15分起きに同じような腹痛がやってくる。
それでも、ほんの1秒もたたないうちにすっと痛みが消えるのもあるから、
「これが、陣痛なのか?前駆陣痛なのか?陣痛ならすっと消えるのもカウントするのか?」
そんな思いがぐるぐると頭の中を駆け巡ってました。
陣痛なのかどうか、全然分からなかったのです。
ただ、腹痛の波が来た時はうずくまるぐらいの強さの痛みになってきました。


何とか朝食を食べ終え、洗濯物を干し終え、次に悩んだのは、夫が講習会に行くかどうか。

陣痛時のクリニックに連絡するのは、
【陣痛が10分間隔以内で定期的になったら、クリニックに電話するように】
「これは定期的なのか?10分間隔なのか?」
陣痛の間隔がよく分からなかったのと、強い痛みが一瞬だったから、決断できず、しばらく様子をみることにしました。

この時、夫は行く気だったけど、私は行かない方がいいという予感がしていました。

 

最初の腹痛から2時間が過ぎたころ、念の為というより、夫が出かけるかどうかの判断の為にクリニックに電話してみました。
「ひとまず、診せてもらいましょう。入院の準備をして、1時間以内ぐらいには着くように来てください」と返答。

さすがにこの頃には陣痛だと自覚していたが、10分以内の間隔なのかもよく分からず、受診しても一度帰るよう言われるかもぐらいにしか思っていませんでした。

ひとまず受診することになったので、夫と一緒にクリニックへ行く準備開始。

私は10ヶ月に入った頃には出産準備をしていたので、準備万端だが、夫の準備が……。
まだ入院にならないだろうという気持ちが大きかったのか、のろのろと出かける準備をしている。

そうこうしている間に、痛みが強くなってきた!!もう、早くクリニックに行きたい!!
登録してあった陣痛タクシーに電話。
なんと5分とかからず到着。さすが、陣痛タクシー!!
そんな私の気持ちも知らず、夫がまだトイレにこもっている……。
せっかく早く到着したのに!!のろのろと準備する夫を急かして、お家を出発。

すでにこの頃には陣痛の間隔が10分を切っていたような……。
それでも、数秒で痛みが消えるから、消えた時はいたって元気で普通に動いて会話できていました。

 

タクシーの中、
「まだまだこんな痛みは序の口のはず。出産はまだまだかなぁ。これから長い戦いになるなぁ」
なんてわりと気軽に思っていました。

 

【教訓】

出産準備は妻だけでなく、夫もすべし!!

 

次回に続く

 

ホワイトデー 夫から粋なプレゼント

ホワイトデー夫から粋なプレゼント♡

 

私たち夫婦は毎年バレンタインデー、ホワイトデーとお互いに何かしらサプライズをするのが恒例になっています。

 

2人で『ホームパーティー』と称していつもよりちょっぴり豪華でオシャレな料理を作って食事をし、夫は大好きなお酒を堪能します。

 

今年のホワイトデーは、私たち夫婦とベビちゃん、初めて3人でのお祝い。

出産直後で、料理も作れないし、外出もできない。夫は料理得意だけど、ベビちゃんをお風呂入れたり(沐浴)と何かと時間がない。

ということで、手っ取り早く私が大好きなピザなどイタリアン料理のデリバリーを楽しみました。

 

そして、サプライズのプレゼント!!

f:id:smile-happy-family:20170327220833j:image

さくらです🌸

 

毎年、春になると夫婦でご近所に散歩やランニングをかねて花見をしています。

 

今年は花見ができない(1ヶ月健診が終わらないと私もベビちゃんも外出できない)ので、お家で花見ができるようにと、夫からの粋なプレゼントです。

 

家族を大切にしてくれている夫の心遣い、本当にありがとう(^^)

 

つぼみだったさくらも満開になりました♡

f:id:smile-happy-family:20170327223148j:image

 

来年からもさくらの花を咲かせられるように、大事に育てます!!

来年はベビちゃんも一緒にさくらを楽しめるかな(^^)

 

ついにパパとママになりました♡

ついにパパとママになりました♡

f:id:smile-happy-family:20170324175753j:image

ご無沙汰しています。

出産予定日より10日早く、愛しのベビちゃんが無事に産まれてきてくれました!!

そして、ついにパパとママになりました♡

 

私たち夫婦のもとに生まれてきてくれてありがとう(^^)

 

10ヶ月お腹の中にいて、毎日元気いっぱい動いていたベビちゃんが、お腹の中にはいないのは、嬉しい反面、ちょっとさびしい何だか変な気分。

そんな気持ちも最近は薄れてきました。

 

 

現在、産褥期を自宅で過ごしています。


里帰り出産をせず、退院後も里帰りをせずに、夫婦2人で頑張ろうと意気込んで、不慣れな育児&引きこもり生活を送っています。

 

産後はママの体調回復の為に、ベビちゃんの世話だけに専念する『姫生活』ができるようにと、夫は洗濯、料理、買い物、掃除などの家事全般と沐浴、ミルク、抱っことベビちゃんの世話までしてくれています。

 

寝不足でも骨盤グラグラでも、可愛い我が子の為に新米ママとパパは奮闘中!!

 

ふとみせる新生児微笑や日々の成長ぶりに感動したり、ほっこりと癒されたりする日々。

 

 

新生児期はあっという間だから、しっかり目に焼きつけておかないとね♡

 

新米パパとママは今日も1日元気に頑張ります!!

 

出産準備 ~マタニティタクシー(陣痛タクシー)~

 

出産準備 ~マタニティタクシー(陣痛タクシー)~

臨月を迎えた妊婦さんにとって不安を抱くことのひとつが『陣痛』
いざ、陣痛がきて病院に移動しなければならないとき、移動手段はみなさんどうしているのでしょうか?

 

家族が常に一緒にいて、病院までマイカーで連れていってもらえる環境の方は安心ですね。
しかし、マイカーがない方、ご家族がすぐに来れない方、そして、ひとりでいる時に陣痛が始まったり、破水が起きた時など、
「いざ、陣痛が始まったらどうしよう?」
と不安を抱えている環境にいる方が多いのではないでしょうか。

 

陣痛では救急車を呼ぶことはできませんし、自分で運転することは危険すぎます。

 

そして、残念なことに、通常のタクシーを呼んでも、妊婦さんが拒否されるというのは珍しいことではないようです。
陣痛で苦しんでいる妊婦さんをタクシーに乗せるのは、安全面でリスクがあるなど、タクシー会社の事情もあるようですね。

 

私もそんな「いざ、陣痛が始まったらどうしよう?」と不安を抱いていた妊婦さんの一人です。

 

そこで、そんな不安を少しでも解消するために『マタニティタクシー』に登録しました。陣痛タクシーとも呼ばれています。
全国に広がっているサービスです。

 
マタニティタクシーって?

陣痛が起きたとき、事前登録した医療機関まで送迎してくれるサービスです。対象エリアや料金体系は各社で異なりますが、深夜や早朝も対応してくれるところが多いようです。
出産予定日や医療機関情報を事前登録してあるため、いざという時に行先についての細かい説明無しで向かうことができるので安心です。

 

車両には万一の場合に備えて、救急セットや緊急災害用毛布や防水シートを搭載しています。「シートを汚してしまうのでは」といった心配がいりません。

ドライバーさんが、妊婦さんの送迎時の注意事項や緊急対応、助産師さんのレクチャーを受けていたり、準備を万全にして待機してくれているので安心です。

 

利用方法って?
  1. 事前登録
    出産する本人の氏名、電話番号、住所、夫など本人以外の緊急連絡先、出産予定日、産院などのお客様情報を登録します。
  2. 陣痛当日
    事前登録しておいた電話でタクシー会社に電話します。
  3. タクシー会社
    連絡の入った配車センターでは、自動的にお客様情報が呼び出され、最優先で緊急配車の指示が出され、一番近いタクシーがかけつけます。そして事前登録してある産院に送り届けます。

 

私がマタニティ―タクシー(陣痛タクシー)を探すために、利用したサイトです👇


いざ陣痛が始まったり破水した時に慌てないように、妊婦さんの不安を少しでも減らせるように、参考にしていただければなと思います。

 

formamalife.com

kosodate-taxi.com