35歳共働きママののほほ~んマタニティ&育児日記

~妊活を乗り越えて、ついにママになりました!!~

育児日記 ~保活の第一歩 保育園見学時の重要ポイント!!~

 

我が家は共働きです。
そして、私は1年間の育児休暇を取得した後、フルタイムで仕事復帰する予定です。
そのため、来年の4月から1歳になったばかりのベビちゃんを保育園に預けます。

保育園のイラスト文字

私の住んでいる市区町村は、待機児童の問題もあり、希望した保育園に入れるとは限りません。
第6希望まで記入してどこかに入れればラッキーだと言われています。もちろん、共働きでフルタイム勤務じゃないとまず入るのが難しいようです。

10月に保育園の利用申込み受付が開始になるため、それまでに希望順位を決めなければなりません。

ベビちゃんを安心して預けるために、納得できるまで自分の目で確かめようと思いました。

そこで、7月末から約2週間かけて、候補に考えている6つの園の『保育園見学』に行ってきました。
電話して見学日時を予約する園が大半でしたが、集団の入園説明会を開催する園もありました。

 

 

子どもが長時間過ごす上で最も大切なことは、子どもが過ごしやすい環境か、保育する人の配慮が行き届いているか、きちんとした保育のプログラムがあるかなどです。
これらは、ホームページや外観、評判だけでは分かりません。 見学をして、実際に見て聞いて、疑問に思うことは質問して、しっかりと自分で確認しましょう。

 

保活の第一歩、保育園見学
その際に、確認しておく重要ポイントについてお伝えします。

 

服装 

ママとパパも普段着で構いませんが、ジーンズは避けた方がいいと思います。裸足は厳禁です。それなりにきちんとした服装がよいと思います。パパはスーツが無難でしょう。

我が家は、ママは少しキレイめな服装で、パンツにシャツ。パパはスーツ(夏なので上着なし)で行きました。

 

確認するポイント 

・子どもの様子
 見学がお昼寝の時間帯だとむずかしいですが、子ども達の表情がいきいきしているか、元気に楽しく遊んでいるか見ましょう。

・保育士の様子
 保育士が余裕をもって、子どもの目線で話し、子どもと笑顔で接しているか、保育する人がつらそうな顔をしていないか見ましょう。

・施設の様子
 赤ちゃんが静かに眠れる場所があるか、幼児がはしゃぎ回れる十分なスペースがあるか見ましょう。
 また、外遊びをしているか、公園に行く場合は、どの公園に行くか、引率はどうしているか聞きましょう。
 他にも災害時のための避難経路があるか、避難訓練を行っているか確認しましょう。

・保育の方針
 園長や保育する人の考え方や力量で保育内容は大きく左右されます。どんなところに力を入れてどんなところに注意しているのか聞きましょう。質問に誠実に対応してくれるかも大切ですね。

・給食
 子どもの成長には、栄養バランスや年齢や体調に応じた食事が重要です。献立表の有無、調乳や調理の場の様子を見ましょう。また、アレルギー対応しているかどうかも確認しましょう。

・保護者との連絡や保護者参加のイベント
 家庭と園とが協力して子育てをすることが大切です。子どもが1日をどのように過ごしたか、体調はどうかなど保護者と園とで子どもの様子を連絡しあうことはとても大切です。また、保護者参加のイベントや保護者会についても確認しましょう。

・登園・降園準備、送迎時の交通手段
 登降園の準備の内容によって、出勤時間が左右されます。また、送迎時に可能な交通手段と駐車場や自転車、ベビーカー等の置き場を確認しましょう。

・発熱など体調不良時の対処
 登園可能な体温や症状、薬を飲ませたり、塗ったりの医療行為の対応可能範囲を確認しておきましょう。

・購入するもの
制服やカバンの有無など入園後に必要なものを確認しておくと、保育料以外に必要な経費の目安が分かります。

 

見学した保育園すべてに共通する点もありましたが、方針や設備、登園準備などは園によって様々でした。

見学しなければ分からないことって、たくさんありますね。

これから、夫婦で検討して希望順位を決めようと思います。

 

見学の時間はどの保育園も30分〜1時間ぐらいでした。限られた時間です。

ホームページなどで確認できることは事前に確認し、見学をしないと分からないところを見たり、聞いたりすると有意義な見学になると思います。

実際に、生活スタイルに合わせてシュミレーションしてみるとよいですよ。

 

 子供たちを見守る保育士のイラスト

 

まとめ

 個々の園によって特色や状況は異なります。保護者の事情も各家庭で異なります。どの園がよいか、自分の目で見て納得することが大切です。

 

希望の保育園に入れることを願います。

その前に、保育園に入れることを願います。

育児日記 〜自宅でのビタミンK2シロップの飲ませ方〜

妊娠36週の妊婦健診の時に、自宅での『ビタミンK2シロップ』を希望する書類を提出しました。

退院したばかりの赤ちゃんに、なぜ薬を飲ませるの?と疑問に思う人もいるかもしれません。
K2シロップとは、簡単に言うと『ビタミンK欠乏性出血症』の予防のためのお薬です。

『ビタミンK欠乏性出血症』とは何か、ケイツーシロップの自宅での飲ませ方について説明したいと思います。

 f:id:smile-happy-family:20170817130350j:image

 

ビタミンK欠乏性出血症とは?

ビタミンKは、出血を止める凝固因子を作るために必要なビタミンです。ビタミンKが不足すると出血傾向となり、頭蓋内出血や消化管出血等を起こすことがあります。これをビタミンK欠乏性出血症といいます。

ビタミンKは胎盤を通りにくく赤ちゃんがママから受け取る量が少ないこと、生まれたばかりの赤ちゃんはビタミンKを作り出す腸内細菌が少ないことから、赤ちゃんはビタミンK不足になりやすいことが知られています。

また、母乳に含まれるビタミンKの量はミルクに比べて少ないため、母乳栄養児で起こりやすくなりますが、決して母乳栄養をやめる必要はありません。母乳栄養の方はビタミンKを豊富に含む食品(納豆や緑黄色野菜)を積極的に摂取することもお勧めします。 

 

 ビタミンK2シロップとは?

 ビタミンKの不足を予防するため、日本では現在、『ビタミンK2シロップ1ml(2mg)を出生時、産科退院時、1ヶ月健診時の合計3回経口投与する方法』が、全国的に行われており、ビタミンK欠乏性出血の発症は稀になっています。

ただし、この投与方法でも日本及びEU諸国で乳児ビタミンK欠乏性出血症発症の報告があります。発症頻度は出生10万に対し0.11人と非常に低くなっていますが、このような症例を予防するために、日本小児科学会より、ビタミンKを生後3か月(12週)まで、週1回投与する方法が推奨されています。

 参考:
 
「新生児・乳児ビタミンK欠乏性出血症に対するビタミンK製剤投与の改訂ガイドライン (修正版)」
 

 

 私の場合

 私の産院では、生後24時間以内、生後4日目、1ヶ月健診時と合計3回のビタミンK2シロップの予防投与を行っています。さらに希望者は自宅で週1回投与を行います。

私は、自宅でのビタミンK2シロップ投与を希望したので、退院時にビタミンK2シロップ12本(生後2~12週目用+予備1本)、パンフレット、K2投与チェック表を渡してもらいました。

費用は、3回投与の場合は、入院・健診費用に含まれますが、自宅での週1回投与を希望したので、別途料金300円かかりました。

 

自宅でのケイツーシロップの飲ませ方

ケイツーシロップは週1回、1回1包を12週の間飲ませます。

ミルクを1日500mL以上飲んでいる場合は、それ以降のシロップは不要ですが、内服させても問題ありません。

<スプーンで飲ませる場合>
スプーンに原液シロップを少しずつ取り分けて、赤ちゃんの口に流し込みます。ほほの内側に垂らすように流し込むとよいです。

<哺乳びんの乳首で飲ませる場合>
哺乳びんの乳首だけを赤ちゃんにくわえさせて、原液シロップを少しずつ流し込みます。

<哺乳びんで飲ませる場合>
ミルクか湯冷まし、または母乳にシロップを混ぜて飲ませます。量は赤ちゃんが飲みきれる程度(10mL以下)に調整します。

 

<注意点>
スティックのまま飲ませると、赤ちゃんのくちびるを傷つけたり、まちがって気道に入るおそれがあるので、必ず哺乳びんやスプーンなどに移して飲ませてください。

 

おすすめの飲ませ方

 3つの飲ませ方がありますが、おすすめは『哺乳びんの乳首で飲ませる方法』です。

生後間もない赤ちゃんがスプーンを使って飲めるかどうか分からないし、哺乳びんでミルクなどに混ぜて10mL以下に調整したとしても飲みきれるかどうか分からないからです。
助産師さんのおすすめも哺乳びんの乳首で飲ませる方法でした。

ただし、それぞれの産院で方針や指導は異なると思いますので、産院の指示に従うようにしましょう。

 

ベビちゃんは、生後3日目から新生児黄疸の治療のためにミルクを飲ませていたので、乳首を全く嫌がりませんでした。

哺乳びんの乳首をくわえさせて、ケイツーシロップを流し込むと、『ちゅぱちゅぱ』と液がなくなっても飲むしぐさをします。

その様子がとてもかわいくて💛

 

まとめ

ママやパパが正しい知識をもつことで、安心して赤ちゃんにお薬を飲ませることができます。

ご自宅でビタミンK2シロップを飲ませるパパママにとって、少しでも参考になればと思います。 

里帰りしない、夫婦だけで乗りきる産褥期の過ごし方

里帰り出産。出産後里帰り。親に来てもらう。

初産の場合、出産経験のある実母を頼り、産後の身体をゆっくり休める方が多いようですね。

                                 生まれたての赤ちゃんのイラスト

我が家は、里帰りすることなく、親に来てもらうこともなく、新米パパの夫と新米ママの私とベビちゃんの3人で過ごすことにしました。

 

里帰りすると、数ヶ月の間夫婦離れて過ごすことになりますし、パパと赤ちゃんは生まれたばかりの貴重な時間を一緒に過ごせなくなります。
まあ、どちらの親にも頼れない事情があったため、夫婦だけで乗りきるしかなかったんですけどね。

それにしても、出産後夫婦だけで過ごすって珍しいことなのでしょうか?
保健所でも病院でもすごく驚かれました。

 

実際、夫婦だけで産前産後を乗りきりました。何とかなりました。これでよかったと思います。

妊娠、出産、産褥期とずっと夫婦一緒に過ごしたため、陣痛が始まってから出産に至るまでのことも産後のママの身体のことも新生児期の赤ちゃんのことも、パパによく理解してもらえたと思います。
パパもパパになった実感をすぐにできたのではないでしょうか。

親に頼ることによるストレスを感じることもなかったですしね。

夫婦で相談しながら試行錯誤しながら慣れない育児をして、夫婦ともに大きく成長できました。
パパとママとベビちゃんの家族3人で過ごしたこの数か月間はとても貴重な時間になりました。

 

産褥期とは? 

『産褥期』とは、妊娠・出産により変化した体が妊娠前の状態に戻るまでの産後6〜8週間のことをいいます。

産褥期の過ごし方で、ママの体の回復スピードが左右されると言われているほど、出産を終えたママにとって大事な時期です。

 

産後の回復を早めるための過ごし方
  • 安静にする
  • 産褥体操をする
  • バランスのよい食事をする
  • 清潔にする

 

とにかく、『姫生活』をすることです。

決して無理をしてはいけません。動けるからといって動くと後々辛くなります。

私もちょっと動きすぎると、両足の付け根が痛くなりました。出産が近づいた時の付け根の差し込むような痛みと同じ痛みです。

できる限り赤ちゃんの世話だけに専念して、赤ちゃんと一緒にゆっくり休んで体力を温存しましょう。

身の回りのことは産後2週間目から、家庭内の家事は3週目からスタートするのが目安です。産後1ヶ月以内は、買い物や家事を30分以内に留め、無理をしないようにしましょう。

また、バランスよい食事を一番に心がけることも大切です。食事の宅配サービスやネットショッピングを利用するのも良いですね。

 

 

我が家の産褥期の過ごし方

 我が家では、夫婦だけで乗りきると決めていたので、家事全般は夫が担当することになりました。そのため、産褥期の間、夫は仕事をセーブしてくれました。

            エプロン姿のお父さんのイラスト

しかし、退院後早々にケンカをしてしまいました。

産前から、「産褥期は安静にしていないといけないから、何もできないよ」と話してあったものの、夫は退院したら動けると思っていたようです。
私が考えていた『産褥期の過ごし方』と夫の考えていたことが違ったのです。

「全部やってくれるっていったのに…。」

「身体辛いのに、動かないといけないの?」

「こんなことなら、実家に帰りたい」って、本気で思いました。

 

そんな不満が溜まって「全然、理解してくれない!!」と爆発してしまったのです。
マタニティブルースも重なっていたのでしょうね。イライラしたり、気持ちが沈んで泣けてきたりもしました。

そんな気持ちを夫にぶつけたおかげで、夫も産褥期の過ごし方を調べて理解しようと努力してくれました。
そして、極力私が安静になれるようにしてくれたのです。

 

【家事の分担】

・食事

 ママとベビちゃんの身体の元になる一番大切な食事。夫が栄養バランスを考えた料理を徹底して作ってくれました。もともと料理はできる人ですが、入院中の食事に近づくよう頑張ってくれました。

・買い物

 ネットスーパーを利用しました。買い足したい時は夫が買い物に行ってくれました。

・洗濯

 洗濯機を回すところまで私が行い、干すのは夫。たたむのは夫婦どちらか。

・掃除

 気になるところですが、最低限だけ夫に行ってもらい目をつぶることにしました。

 

身体は正直です。 ちょっと無理をすると、足の付け根が痛み出します。

最初はほぼすべて夫がやってくれました。身体の具合をみながら次第に私が動けるようになってきたら、皿洗いをしたり、洗濯物を干したりと少しずつ家事の量を増やしていきました。そんな日々を繰り返し、産褥期を乗りきりました。

夫のおかげで、私はゆっくり体を休めて、ベビちゃんのお世話に専念することができました。本当に大大大感謝です。

 

【育児の分担】

・沐浴

 夫。体温測ったり、服を着せるのは私。
 1ヶ月健診後のベビーバス卒業後のお風呂も夫が担当。

参考記事:

smile-happy-family.hatenablog.com

・おむつ替え

 たまに夫。

・ミルク

 寝る前のミルクは夫が担当。

 

 

ママは夜間も2〜3時間おきに授乳しています。時には1時間ってこともあります。抱っこしていないと泣いてしまって、横になれないこともあります。それに、ママの身体は元の状態に戻るまで時間がかかります。

それでも、愛しいわが子のためにママは睡眠不足でも、骨盤ぐらぐらでも、赤ちゃんの世話をしています。里帰りしていると、この様子をパパは分かりません。

育児をするのはママだけではありません。ママとパパ2人で行うものです。
パパにも新生児期からしっかりと子供と向き合って育児をしてもらいたいと思います。
産褥期こそ、パパも育休をとって、貴重な時間を家族と共に過ごしてもらいたいです。

 

 

まとめ

パパの協力が不可欠ですが、家事をなんとかすれば「里帰りしない産前産後」はなんとかなります。

そして、ママだけでなくパパも新生児期からしっかりと子供と向き合って育児をすることで家族との貴重な時間を過ごすことができます。

ママだけでなく、赤ちゃんにとってもとってもよいことです。

『里帰りしない、夫婦だけで乗りきる産褥期』おすすめします!!

育児日記 〜生後1ヶ月 ベビーバスから卒業!!お風呂の入れ方はどうする?〜

1ヶ月健診で医師から入浴の許可が出たので、健診当日からベビーバスを卒業し、大人と一緒に入浴することにしました。

ベビちゃん、お風呂デビューです!!

ちなみに、私も入浴の許可が出たので、1ヶ月ぶりに湯舟につかれます。

 赤ちゃんの沐浴のイラスト

ところで、ベビーバス卒業後はどうやってお風呂に入れるのでしょうか?

沐浴の仕方は母親学級などで詳しく教えてもらったけど、お風呂の入れ方って教えてもらわないですよね。

「大人と一緒にお風呂に入っていいですよ」と言われるだけです。

それぞれの家庭で工夫して赤ちゃんをお風呂に入れているようです。

 

 

我が家では、ベビちゃんのお風呂はパパが担当です。

ベビちゃんが生後1ヶ月になった頃は、まだ肌寒い日もある4月でした。

体を洗ってから湯船につかるのか、沐浴みたいに湯舟につかりながら体を洗うのか。

一般的には体を洗ってから湯船につかるようですね。

我が家では、沐浴と同じように湯船につかりながら体を洗うことにしました。ベビーバスを大きくしたような感覚です。

首がすわっていないベビちゃんを湯舟の外で洗ってあげるのは心配だったので、この手順にしたのですが、最初に湯舟につかると方が体が温まるからか、ほわっとしたとても気持ち良い表情をします。

沐浴と同じ手順で、しかもパパと一緒に入れるから安心するのでしょうね。

お湯が石鹸で白く濁りますが、気にしない!!

 

我が家のお風呂の入れ方
  1. パパがお風呂に入る。その間にママはバスタオル、服、おむつ、ベビーブラシをセッティング。ベビちゃんの体温を測る。
  2. パパが体を洗い終わったら、ママがベビちゃんの服を脱がせお風呂に連れていく。
  3. パパとベビちゃんが一緒に湯舟につかり、ベビちゃんの顔、頭、体を洗う。沐浴の手順と同じです。この間にママはお風呂に入って体を洗う。
  4. パパとベビちゃんが一緒に湯舟につかる。
  5. パパと交代してママとベビちゃんが一緒に湯舟につかる。パパはお風呂を出て服を着る。
  6. パパがベビちゃんをバスタオルに包んで部屋へ連れていく。体をしっかり拭いてあげて、おむつ、服を着せる。ベビーブラシで髪を整える。

ベビちゃんがお風呂に入っている時間は15分~20分ぐらいです。
お風呂の温度は、お湯張り温度を40度に設定しています。

 

関連記事:

smile-happy-family.hatenablog.com

smile-happy-family.hatenablog.com

 

まとめ

我が家のベビーバス卒業後のお風呂の入れ方は、一般的な手順と違って湯船につかりながら体を洗います。
ベビちゃんが湯舟に浸かっている時、ママが体を洗ってシャワーの音が聞こえているので、後々シャワーの音を怖がらないというメリットもあります。

ベビーバスを卒業して、湯舟の外で体を洗うと泣いちゃう時は、ぜひ試してみてください!!

出産準備  〜ベビー布団の選び方 おすすめのWEDGWOODのベビー布団〜

高額出産準備品のひとつ、『ベビー布団』

赤ちゃんは1日のうち半分以上を寝て過ごします。ベビーベッド同様にベビー布団も心地よいものを選んで安全で快適な空間を作ってあげたいですね。

ベビー布団は、赤ちゃんのことを考えて、赤ちゃんのために作られた、赤ちゃん用のお布団です。 ベビー布団を使いましょう。

では、いつ購入したらいいの?どのように選んだらいいの?

 

購入時期は?

赤ちゃんが生まれて、退院したその日から必要になるため、出産前に準備しましょう。

我が家では、妊娠4か月と5ヶ月の時の2回下見をし、妊娠7か月の時にベビーベッドと一緒に購入しました。
そして、妊娠9か月に入る頃に自宅に配達してもらい、産前に赤ちゃんの快適な部屋づくりをしました。

関連記事: 


smile-happy-family.hatenablog.com

どうやって選ぶの?

大事なのはベビーベッドの大きさに合わせた布団を選ぶこと

ベビーベッドを使用する場合、まずベビーベッドを決め、ベビーベッドのサイズに合わせたベビー布団を選びます。

これ、とっても大事なことです。

ベッドと布団のサイズが違うと、ベッドと布団の間に隙間ができて、その隙間に赤ちゃんが挟まって窒息なんていう事故が起きかねません。実際にそのような事故があるそうです。

 

もうひとつ、『ベビー布団』と選ぶこと。
ベビー布団は、赤ちゃんのために作られた布団です。『硬めの敷き布団』、『軽い掛け布団』、そして『お手入れが簡単なもの』になっています。赤ちゃんにとって安全で快適な『ベビー布団』にしましょう。
掛け布団、敷き布団に加えて、掛布団カバー、シーツ、キルティングマット、防水シーツ、枕などセットで販売されているものは便利ですね。

 

硬めの敷き布団

敷き布団が柔らかすぎると、うつ伏せ寝になった時に、鼻や口が敷きふとんに埋もれて窒息の可能性があります。また、骨や関節の発達をサポートするためにも硬めの敷き布団を選びましょう。

軽い掛け布団

重みのある掛け布団だと呼吸運動や手足の運動がしにくくなってしまいます。また、体温調節機能が未熟のため、適切な温度を保てるように薄くて軽いものにしましょう。

お手入れ簡単なもの

赤ちゃんはよく汗をかくため布団に湿気がたまりやすいです。簡単にお手入れしていつも清潔な環境を作ってあげることが大切です。
掛け布団は簡単に洗濯機で洗えて、敷き布団は手軽に干せる赤ちゃん用の布団にしましょう。

 

我が家では…

我が家は、夜間はベビーベッド、昼間はベビー布団を和室に移動させて寝かせることにしました。
選んだのは、西川産業のベビー布団で通常サイズのものです。奮発して羽毛にしました。私達大人の布団より高級です(笑)
WEDGWOODでくまの絵柄が可愛くて気に入っています。
ベビーベッドに合わせた通常サイズで、掛け布団2種類(冬用、夏用)、掛布団カバー2種類、敷き布団、シーツ2枚、キルティングマット、防水シーツの9点セットになっているものです。

楽天

送料無料◆ 東京西川 羽毛カバーリング組ふとん 5点セット WEDGWOOD ロンドンベア ベビー布団 ふとん 羽毛布団 日本製 WW3610

 

Amazon

(ウェッジウッド)WEDGWOOD 西川産業 ロンドンベア WW3610 羽毛カバーリング組ふとん マルチ ベビー ジュニア

 

実際に使ってみて…

赤ちゃんの汗だけでなく、よだれ、ミルク戻し、うんち漏れなど思っていた以上に頻繁に洗濯することになります。敷き布団カバーは2枚あると便利です。

 

こちらも参照してください。

西川リビングOnline 妊婦さん&育児ママのハッピーライフを応援するサイト
「はっぴーマム」

www.happymam.jp

まとめ

赤ちゃんは1日の多くの時間を寝て過ごします。赤ちゃんのために作られた『ベビー布団』を選びましょう。そしてベビーベッドを使用する場合は、ベッドに合わせた布団にしましょう。赤ちゃんの心地よい眠りのために、安全で快適な環境にしてあげましょう。

出産準備 〜ベビーベッドって必要?いつ、どのように選んだらいいの?〜

高額な出産準備品のひとつ『ベビーベッド』

新生児の睡眠時間は約16~18時間、生後6か月では約14時間と1日のほとんどを寝て過ごします。心地よい寝具を選んで、快適で安全な空間を作ってあげたいですね。

 

 赤ちゃんのイラスト「ベビーベッド」

ベビーベッドって必要なのかな?
ベッド?それとも布団?
購入する?それともレンタルにする?
いつ、どのように選んだらいいの?

 

ベビーベッドは大きさも機能も金額も様々です。どうしようか悩みますよね。
我が家では、検討した結果、ベビーベッドを購入することにしました。
いつ、どのように選んだのか紹介します。

 

ベビーベッドを購入した理由

私は里帰りをしません。その為、退院したその日から自宅で赤ちゃんと過ごす部屋が必要でした。
そして、我が家はマンションです。寝室はベッド。赤ちゃんの部屋はリビング隣の和室でプレイマットを敷いてあります。そのため、夜は寝室、昼は和室で過ごすことになります。

寝室のベッドは添い寝するには小さいから添い寝による覆いかぶさりで危険にさらしてしまうかも。それなら和室で寝る?う~ん、大人用の敷布団を購入しないといけなくなるし、腰が痛いからベッドで寝たい。
ということで、赤ちゃんとの生活をイメージしてベビーベッドを購入することにしました。

夫が潔癖症ですので、レンタルは最初から頭にありませんでした。
潔癖症つながりで、少し高いところにあるのでホコリなどから赤ちゃんを守れるという点もポイントでした。

 

購入時期は?

赤ちゃんが生まれて、退院したその日から必要になるため、出産前に準備するとよいでしょう。里帰りする方は生まれた後でもいいですが、赤ちゃんと一緒に買い物に行ったり、購入後の組み立てや部屋作りをするのも大変ですので、出産前の準備をおススメします。

我が家では、妊娠4か月と5ヶ月の時の2回下見をし、妊娠7か月の時に購入しました。そして、妊娠9か月に入る頃に自宅に配達してもらい、産前に快適な空間づくりをしました。

 

【出産準備品の高額商品】

これらすべて、妊娠8ヶ月に入る前までに購入しました。
こちらも参照してください👇

smile-happy-family.hatenablog.com

 

どのように選んだらいいの?

あらかじめベビーベッドの置き場所を決めて、大きさ、ベッド下収納や柵のスライド機能など必要な機能は何か、いつまで使いたいか、ベビーベッド以外の使用方法、使用後の収納など生活スタイルに合わせて選びましょう。

  • 大きさ
    一般的なベビーベッドのサイズは120✖70cmです。移動がしやすいコンパクトなミニサイズのベッドもあります。
    ちなみに、ベビーベッドとベビー布団は同じサイズを選びましょう。
  • 機能
    床板の下におむつなど赤ちゃんグッズの収納場所をして使用できる収納スペースがあるもの。
    ねんね期、つかまり立ちなど赤ちゃんの成長や親の使い勝手に合わせて床板の高さを変えられるもの。
    ベビーベッド⇒ベビーサークル⇒ベンチなど成長に合わせて形を変えながら長く使えるもの。
    ワンタッチで折りたためるもの
    移動に便利なキャスターがついているもの
    添い寝ができるもの

 

我が家では、

  1. ベッド下収納があるもの
  2. ベビーベッドとして使用した後にベビーサークルなど形を変えて使用できるもの

この2点を絶対に必要な機能として選び、価格と検討し決めました。

 

購入したのは『yamatoyaのカウプンキ ベビーベッド』です。

カウプンキ ベビーベッド|yamatoya 商品情報

 

その後の話

生後3週間ごろからベビーベッドで寝てくれなかったベビちゃんですが、生後2ヶ月を過ぎた頃からベビーベッドで寝てくれるようになりました。

まだ、ベビーベッドとしてしか使用していませんが、ベビちゃんは快適&安全に過ごすことができています。ベッド下の収納はお部屋すっきり大活躍。寝室から動かすことはありませんが、キャスター付きなので、ラクラク移動でお掃除簡単で便利です。意外とベビーベッドの下ってほこりがたまるんですよね。

ベビーベッド、購入してよかったです。

 

まとめ

ベビーベッドはあらかじめ置き場所を決めて、機能性、安全性、デザインを考慮して生活スタイルに合うものを選びましょう。

育児日記 ~生後30日目 1ヶ月健診受けてきました!! 産婦健康診査について~

早いもので『1ヶ月健診』の日がやってきました。
出産した病院で受けました。2週間健診を生後19日目に受けたので、約10日ぶりの受診です。

smile-happy-family.hatenablog.com

授乳を済ませておくようあらかじめ指示があったので、授乳を済ませてから家を出ました。今日はパパも付き添ってくれています。

 赤ちゃんを抱っこする夫婦のイラスト

持ち物
  • 母子手帳
  • 診察券
  • 保険証(ママと赤ちゃん両方)
  • 乳幼児医療証
  • おむつ、着替えなど赤ちゃんのお世話グッズ 

母子手帳の『赤ちゃんの成長の記録』と『乳児一般健康診査受診票』は事前に記載を済ませておきましょう。

 

1ヶ月健診で行ったこと

【赤ちゃんの健診】

  • 身体測定(体重、身長、胸囲、頭囲)
  • 診察(原始反射、股関節の動き、視力、栄養状態、健康状態など全身のチェック)

【ママの健診】

  • 血圧・体重測定、尿検査
  • 内診
  • 問診
  • 産後うつのチェック
  • 助産師さんによるおっぱいチェックと母乳&育児相談
  • 助産師さんによる授乳指導

 

2週間健診の後からミルクの量を減らしたので、体重がどれぐらい増えているか、母乳がしっかり出ているのか心配でした。

体重3085g、身長51.3cm、胸囲33.0cm、頭囲34.5cm。

2週間健診から1ヶ月健診までの日増は10gです。通常は25~30g。
日増が少ないため、助産師さんの授乳指導を受け、夜間は必ずミルク40mLを足すことになりました。そして、2週間後に再診することになりました。

ようやく3000kgを超えましたが、まだまだ体重が少ないので、おっぱいを吸う力も弱いみたいです。体重3000gを超えると力強くなるらしいので、これからですね。

ベビちゃん、頑張っていっぱい飲むんだよ~!!

 

入院中に行った先天性代謝異常等検査の結果ももらいました。
ベビちゃんの体重の増加が気になりますが、それ以外はベビちゃんも私も問題なく1ヶ月健診が終わりました。
待ち時間を含めてトータル3時間ぐらいかかりましたが、助産師さんとマンツーマンで心配ごとや疑問をしっかり相談でき大満足です。

 

初めての育児は「これでいいのかな?」の連続です。
助産師さんのおかげで、私達夫婦の育児は「これでいいんだ」と自信をもつことができました。

 

産婦健康診査について

『産婦健康診査』は、産後8週以内の方が対象で、産後2週間頃と産後1ヶ月頃の計2回受けることができます。
出産後間もないママの体の回復状況や授乳状況、赤ちゃんの発育状況を確認するだけでなく、ママの心理状態や対児感情を把握して必要に応じたケアを実施することを目的に行われます。

 

私の市区町村では、2017年4月から産婦健康診査が『公費負担』になりました。
ということで、今回の1ヶ月健診のうち私の健診費用も無料になりました。(赤ちゃんの健診費用は以前から公費負担でした)


助産師さんに聞いた話だと、
今までの1ヶ月健診は赤ちゃんが主でママの健診は自己負担ということもあって簡易なものだったそうです。

産後うつが社会的問題になっていますものね。
ママの体と心の健康状態をしっかり確認することも大事です。公費負担になり、心おきなく健診を受けられるって素晴らしいことです。

 

まとめ

1ヶ月健診は、赤ちゃんの健康状態を確認するだけでなく、ママの体と心の健康状態の確認や育児の悩みや不安を取り除く目的もあります。

普段疑問に思っていることなど、メモしておいてこの機会に相談するといいですね。